05:43 2020年08月16日
国際
短縮 URL
0 42
でフォローする

日産はクロスオーバー車「エクストレイル」の「X-Scape」グレードを新たにお披露目した。同車は、日産によると「家族の冒険のため」であり、ビデオカメラ搭載のドローンが標準装備されている。販売台数は限られている。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

エクストレイルのX-Scapeはわずか500グラムの小型ドローンの「Parrot Bebop 2」が標準装備されている。遠隔操作とFPVグラスによって、14メガピクセルの鳥瞰図が1人称視点、リアルタイムで臨場感を持って送られる。

ドローンの最大起動時間は25分。走行中に、冒険の様子を動画、写真に写すことが可能。写真の質は、スタビライザーシステムや遠隔操作「 Parrot Skycontroller 2 」やFPVグラス「Parrot Cockpit Glasses.」が保証するということだ。

エクストレイルのX-Scapeが販売されるのは、限定1200台で西欧のみ。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント