04:30 2018年10月18日
6ヶ月以内に2000万人が飢餓で死ぬ恐れがある 国連

6か月以内に2000万人が飢餓で死ぬ恐れがある 国連

© AFP 2018 / Stringer
国際
短縮 URL
0 11

国連食糧農業機関(FAO)のジョゼ・グラジアノ・ダ・シルバ事務局長は24日、ローマでのFAO理事会の会議冒頭、国際社会が緊急に行動しなければ、6か月以内に約2000万人が飢餓で死ぬ恐れがあると述べた。

スプートニク日本

事務局長は「もし我々が何もしなければ約2000万人が6か月以内に飢餓で死亡する恐れがある。飢餓は人々を死に至らしめるだけでなく、社会的不安定を引き起こし、また人々を貧困と、何十年もにわたって続く対外援助依存の悪循環に陥れる」と強調した。

事務局長は、まずナイジェリア北東部、ソマリア、南スーダン、イエメンで飢餓や栄養失調に苦しむ人々を救うために緊急に行動する必要があると指摘した。

タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント