10:48 2018年09月26日
ロンドン地下鉄はLGBTを歓迎 乗客は無性別に

ロンドン地下鉄はLGBTを歓迎 乗客は無性別に

© 写真: Chris Sampson
国際
短縮 URL
232

英ロンドンの公共交通機関の職員が放送で乗客に呼びかける際に「レディース・アンド・ジェントルメン」と述べることを禁止された。代わりに「皆さま、お早うございます」などが用いられる予定。

ドイツ 同性婚合法化
© 写真 : Pixabay
スプートニク日本

この措置は、性的少数者(LGBT)などが数ヶ月におよぶ活動で、「レディ」や「ジェントルマン」、「サー」、「マダム」といった「古びた」呼びかけを止めるようロンドンのカーン市長に求めた結果だ。

活動家らは、どんどん多くの人が、自身を伝統的な「バイナリ」(2進数的)性的帰属意識から異なったジェンダークィアだと感じていると主張する。交通機関におけるジェンダー的に中立な呼びかけにより、性的アイデンティティにかかわらずすべての乗客が居心地の良さを感じるという。

ジェンダークィアとは、既存の性別の枠組に当てはまらない、もしくは流動的な人を指す。

先の報道によると、カナダで新生児に性別記載なしの医療カードが交付されたと以前に報じられた。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント