23:16 2021年04月15日
国際
短縮 URL
3111
でフォローする

20日夜、世界中のユダヤ人がユダヤ暦で天地創造から5778年目の新年祭「ローシュ・ハッシャーナー」を祝う。

スプートニク日本

ローシュ・ハッシャーナー」はユダヤ人にとって最も重要な祝日であり、すべての人の近い将来の運命が判断、決まる日だとも考えられている。

この日、新しい年が「甘い」一年となることを祈って「ハッラー」と呼ばれる菓子パンやリンゴと蜂蜜が食卓に上る。

また家の主人は、食事を共にする人たちが他の人たちに善い行いで「頭(かしら)」になるようにと願うために魚の頭を振舞う。

先の報道によると、モスクワでは、25万人以上のイスラム教徒がラマダーン明けを祝う朝の礼拝に参加した。

タグ
文化, 宗教
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント