14:02 2020年07月14日
国際
短縮 URL
134
でフォローする

カトリックの保守派神学者や聖職者が、「異端的な考え」を広めているとしてローマ法王を非難し、異端を「是正」する公式書簡を送った。

スプートニク日本

発起人のサイトに公開された書簡『子としての是正』(Correctio filialis)では、ローマ法王が2016年に出した、結婚と家族、そして現代におけるその立ち位置に関する法王文書『愛の喜び』(Amoris laetitia)において異端的考えを示したと主張している。

「一部の司教や枢機卿が結婚や道徳的な戒律、機密(サクラメント)についての真実を守り続けていた間、他のものはその真実を否定し、教皇から叱責ではなく寵愛を受けていた。」

現在までにこの書簡には、20カ国からの聖職者62人が署名している。

先の報道によると、米コロンビアを訪問中のローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は北部カルタヘナで10日、専用のオープンカーに立ち乗りしていたところ、運転手が急ブレーキを掛けた際、顔に軽いけがをした。

タグ
宗教
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント