03:39 2021年02月27日
国際
短縮 URL
0 21
でフォローする

ダーイシュ(イスラム国、IS)の対外諜報ユニット「Emni」にテロ攻撃を調整する能力がないため、ダーイシュは単独テロ犯に賭けている。

スプートニク日本

欧州戦略研究安全センターの専門家エブゲニヤ・グボズデワ氏は、ダーイシュの諜報が現時点では大規模テロのためのリソースを有していないため、個人による「ジハード」(聖戦)を行うことを余儀なくされているとの見方を示した。

グボズデワ氏は「まさにこの形の『ジハード』にダーイシュは最も多くを賭けている。なぜならフランスやベルギーのテロを組織したこともあったEmniが今日ではおそらく、同様のテロをそれほど精密に調整することができないためだ」と述べた。

先の報道によると、人間は生きているにもかかわらず、体が腐食し始める恐ろしい病「リーシュマニア症」を治療するワクチンの初のプロットタイプが作られた。この感染病は「ダーイシュ(IS)」が占領していたシリア領内で最近広がり始めた。

 

タグ
テロ, ISIS
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント