09:34 2020年11月24日
国際
短縮 URL
134
でフォローする

朝鮮中央通信は1日、米国が制裁を用いた政策や、朝鮮半島への戦略爆撃機の派遣を続けるのであれば、核の大惨事を招くことになるとの声明を発表した。

スプートニク日本

声明では「我々の軍が完全な戦闘準備態勢にあることに再び言及する。制裁の棍棒の使用と爆撃機の派遣は、米領土を火の海に変える核の大惨事を招く自殺行為である」と述べられている。

北朝鮮は、同国に関するトランプ米大統領の声明を再び批判し、同大統領を「米国の狂ったおいぼれ」と指摘した。

先の報道によると、米国と北朝鮮は、1994年ジュネーブで開かれたように核問題の解決に向けた新たな協議を始める可能性がある。

タグ
ミサイル, 金正恩, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント