11:13 2018年07月21日
プーチン大統領とサウジアラビアの皇太子、ムハンマド・ビン・サルマン国防大臣

ロシアがサウジにどんな武器を供給?【写真】

© Sputnik / Sergey Guneev
国際
短縮 URL
1102

ロシアとサウジアラビアの間で今回達成された武器購入合意では、ロシアはサウジに対して地対空ミサイルシステムS-400 「トリウームフ」以外にも、対戦車ミサイル「コルネットEM」(NATOのコードネームでAT-14 スプリガン)、多連装ロケットランチャーTOS-1「ブラチーノ」、自動擲弾銃AGS-30、カラシニコフ銃(AK-103)を供給することが決められた。

スプートニク日本

武器供給の合意は先週、サウジアラビアのサルマン国王がクレムリンでプーチン大統領と行った交渉の中で達成された。

交渉ではロシアの国営武器輸出入会社「ロスオボロンエクスポルト」とサウジアラビアの軍産複合体の間に、武器の購入および生産のローカリゼーションについてのメモランダムが調印されたほか、今回のサルマン国王の初のロシア訪問では合わせて数十億ドルに達する合意が結ばれている。

1 / 5
© Sputnik / Mihail Mokrushin
S-400 「トリウームフ」
タグ
ロシア軍, サウジアラビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント