14:23 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    バヌアツ

    世界で初めてビットコインで市民権の販売を始めた国はどこ?

    © AFP 2017/ Torsten Blackwood
    国際
    短縮 URL
    0 69821

    太平洋の島国バヌアツは、世界で初めてビットコインで市民権の支払いを行える国となった。Bitcoin.comが、バヌアツ情報センターのジェフリー・ボンド所長の発表を引用して報じた。

    スプートニク日本

    ボンド氏によると、バヌアツ政府は同国を「新技術の使用におけるリーダー」にする方針であるため、このような決定が下された。なお、すべてのビットコイン取引は、オーストラリア証券取引所を通じて行われるという。

    外国人がバヌアツの市民権を取得するための価格は20万ドルまたは約41.5ビットコイン。

    バヌアツには優遇税制があるため、同国の市民権取得はビジネスマンにとって魅力的かもしれない。

    バヌアツの市民権を取得すると、ロシアやEU加盟国、英国を含む世界115カ国にビザ申請なしで訪れることができる。

    関連ニュース

    日本 ビットコインで電気料金支払いが可能に

    ビットコインでの初の不動産取引成立 米テキサス州

    タグ
    ビットコイン, 太平洋
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント