17:52 2018年07月18日
ツキノワグマ

ミャンマーで舌に3キロの腫瘍ができたクマが手術を受ける【写真】

© AFP 2018 / Roberto Schmidt
国際
短縮 URL
0 50

獣医師の国際チームが、ミャンマーの修道院に住んでいたツキノワグマの舌を切除する手術を行った。クマの舌には大きな腫瘍ができていた。サイエンス・アラートが伝えた。

スプートニク日本

サイエンス・アラートによると、クマの舌はこのクマが中国で密売から救出された後、大きくなり始めた。

獣医師たちは2016年に手術を行ったが、腫瘍は大きくなり続けた。

2017年には舌が歯にあたるほど大きくなり、重さ3キロの腫瘍によって頭部が重くなったため、クマはすぐに疲れるようになった。

​そのため獣医師たちはクマの舌を切除することにした。

なお今回の手術は成功した。

獣医師たちは、クマの舌にはサシチョウバエに刺された時に体内に入り込む寄生虫によって引き起こされる病気によって腫瘍ができたのではないかとの見方を示している。

これはミャンマーでは人間も動物もかかる病気だが、クマで確認されたのは初めてだという。

関連ニュース

ロシア カレリア共和国の湖で釣り人が溺れた子熊を救出【動画】

クリル諸島 浅瀬で動けなかったマッコウクジラの母子が無事救出【動画】

タグ
医学, 動物, ミャンマー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント