09:43 2018年09月24日
ロヒンギャ

ミャンマー 1カ月でロヒンギャ9千人死亡

© Sputnik / Shahnevaz Khan
国際
短縮 URL
104

ミャンマーで8月25日から9月24日までに、イスラム系少数民族「ロヒンギャ」が少なくとも9千人死亡したと、国際NGO「国境なき医師団(MSF)」が調査結果をもとに発表した。

スプートニク日本

MSFのウェブサイトに掲載された発表では、「バングラデシュの難民キャンプでMSFが実施した調査によって、8月25日から9月24日までにミャンマーのラカイン州で少なくとも9千人のロヒンギャが死亡したことがわかった。約71.7%の死は暴力の結果であり、最も控えめに見積もっても、5歳未満の子供730人を含む少なくとも6700人のロヒンギャが殺害された」としている。

関連ニュース

バングラデシュ政府 ロヒンギャ難民10万人を洪水被害の無人島に移住計画

ロヒンギャ迫害を非難 国連人権理決議、中国が反対

ミャンマー・バングラデシュ、ロヒンギャ帰還問題で合意 「2カ月以内に開始」

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント