15:41 2019年08月19日
Brexit投票

ユーチューブ、ロシアのBrexit投票介入の証拠を見つけず

© Flickr/ Paul Lloyd
国際
短縮 URL
0 60

ユーチューブは、英国のEU離脱(Brexit)を問う国民投票へのロシアの何らかの介入を示す証拠を見つけなかった。ユーチューブの公共政策担当部長のジュニパー・ダウンズ氏が明らかにした。

スプートニク日本

英国のデジタルテクノロジー委員会の代表団がワシントンを訪問した際にフェイクニュースに関するヒアリングが行われた。ヒアリングにはグーグル、ユーチューブ、フェイスブック、ツイッター、CNN、CBSの代表が出席した。

ダウンズ氏は「Brexitを問う国民投票の件を綿密に調査した結果、介入の証拠は見つからなかった。ロシアと何らかの繋がりがある全ての広告をチェックしたが、国民投票に介入するため弊社のサービスが利用されたとする証拠が見つからなかった」と述べた。

ツイッターも以前に同様の発表を行い、ロシアが投票結果に影響を与えようと試みたとする兆候が一切見つからなかったと明らかにした。

関連ニュース

ジム・キャリー氏 「ロシアに介入を許した」Facebookからページを削除

スプートニクとRTの編集長 「米大統領選へのロシアの介入を信じ続ければいい。5年後には何もなかったことに気付くでしょう」

タグ
情報戦, 欧州, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント