11:49 2018年06月24日
巨大仮想通貨取引所、米歳入庁に顧客1万3千人のデータ提供へ

巨大仮想通貨取引所、米歳入庁に顧客1万3千人のデータ提供へ

CC BY-SA 3.0 / Geraldshields11 / Internal Revenue Service
国際
短縮 URL
132

有名な米国の仮想通貨取引所コインベースは米国内国歳入庁(IRAS)の捜査対象である1万3千人の顧客に対し、3週間で彼らの口座の資金の動きに関する情報を同庁に渡す準備をすると発表した。

スプートニク日本

米国の裁判所は以前、総額2万ドル(約213万円)以上のトランザクション(取引)を行った顧客の情報を開示するよう言い渡していた。ここには、2013年から2015年までの出入金を含む全ての取引が含まれる。

取引所が開示する義務のある情報には、納税者番号、名前、生年月日、登録時に記入された住所、取引タイプや日付、金額が反映されたアカウント上の全ての行動記録が含まれる。これに加え、IRASはユーザーのアカウント上の現在の残高情報を得る。

IRASは裁判で、金融詐欺や税金詐欺の疑いがある50万人のユーザーの情報を要求していたが、裁判所は対象人数を少なくした。

関連

 

 

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント