17:56 2018年11月21日
日本が中国に「トイレ革命」を起こすお手伝い

日本が中国に「トイレ革命」を起こすお手伝い

CC BY-SA 2.0 / Gilgongo
国際
短縮 URL
0 112

日本は中国の抱える公衆便所の問題を技術的に助ける提案を行った。日経アジアレビュー紙によれば、在北京日本大使館は現在この件で中国の組織の代表者と交渉を行っており、日本外務省も超最先端トイレの製造で世界に名高いTOTOなど、衛生陶器製造メーカーらとの協議を行っている。

スプートニク日本

中国の公衆便所と言えば、あまりの劣悪な状態で悪名をはせている。その中国が全国を挙げてその刷新を図るキャンペーンを開始したのが2015年。中国は2020年までに少なくとも6万4千軒の公衆便所を建設ないしはリニューアルすることを公言した。2018年1月、湖南省長沙市にすでにスマートトイレが登場。この最新のテクノロジーを使ったトイレでは使用者の顔を判別するシステムが作動すると、1人あたり40センチのトイレットペーパーを自動的に出す仕組みになっている。ポータル「洪文」によれば、この紙配分システムは無駄遣いをさせないための方策。

日本は中国以外にもすでにインドをはじめとして東南アジア諸国に対して、同様の「トイレ外交」を展開している。

関連ニュース

日本のトイレはハードモード 外国人の目線

タグ
中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント