10:29 2018年12月11日
エクアドル外務省「保護は永遠ではない」 アサンジ氏に

エクアドル外務省「保護は永遠ではない」 アサンジ氏に

© AFP 2018 / Jack Taylor
国際
短縮 URL
0 311

エクアドルのバレンシア外相はテレビチャンネル「Ecuavisa」の放送で、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏について、エクアドル大使館での保護を永遠に受けることはできないと述べた。

スプートニク日本

バレンシア外相は、「エクアドルは、この問題をどのように解決するべきかを考えている。なぜなら、原則的に保護は永遠のものではないからだ。保護が何年間も有効であり続けるということについて考えてはならない」と述べた。

アサンジ氏は、ロンドンにあるエクアドル大使館の敷地内に避難している。その理由は、大使館の壁の外では、暴行事件に関し裁判所に出頭しなかったために逮捕される危険があるためだ。アサンジ氏に対する事件そのものは、2017年5月に終了となっている。

関連ニュース

ウィキリークス メイ英首相はアサンジ氏監視に19億円以上を浪費

タグ
ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント