05:10 2018年07月21日
米国務長官、シリア情勢を巡り露外相と電話会談

米国務長官、シリア情勢を巡り露外相と電話会談

© AP Photo / Alex Brandon
国際
短縮 URL
141

マイク・ポンペオ米国務長官とセルゲイ・ラブロフ露外相が3日、シリア南西部の停戦の動きを電話会談した。ヘザー・ノーアート米国務省報道官が記者団に伝えた。

スプートニク日本

ノーアート報道官は、「シリア南西部の停戦の動きはおよそ1年間にわたり米国が追ってきた。ロシアとヨルダンの参加のもと、停戦は最近まで保たれていた」と述べた。

同報道官はまた、同地域で起こっている軍事活動に懸念を示し、人道支援が行われていないことに言及した。さらに米国は停戦へ向けヨルダンと連携を続けていくことを明らかにしている。

関連ニュース

シリアの都市ドゥーマで遊園地がオープン

ドゥーマ化学兵器使用がでっち上げである無数の証拠がある=ロシア国防省【動画】

タグ
シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント