19:01 2018年09月19日
NATOのストルテンベルグ事務総長

NATO事務総長、対露関係に言及 「我々はロシアとの対立を望んでいない」

© REUTERS / Inquam Photos/Octav Ganea
国際
短縮 URL
295

北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンブルグ事務総長は14日、米保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」で講演し、同盟国はロシアとの対立を意図的に誘発しているわけではないとの考えを明らかにした。

スプートニク日本

ストルテンブルグ事務総長は聴衆からの質問に対し、「同盟国がロシアとの対立を誘発しているか否かとの質問に関してだが、我々はそのようなことはしない。同盟国の行動は防御的な性格に基づいている。また、同盟国の東側におけるプレゼンスは、ロシアによるクリミア併合、ウクライナ東部の不安定化等に比例して高まりを見せている」と答えた。

ストルテンブルグ事務総長はまた、「もし我々が『新冷戦』に走り、軍拡競争を進めていくのであれば、全ての国が敗者となるだろう」と懸念を示した。

関連ニュース

米国はシリアの対立を人工的に引き延ばそうと必死 露外務省

米国防総省 軍事目的のための人工知能開発に20億ドルを投資

EU 対露制裁をさらに半年延長

タグ
欧州, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント