20:05 2018年10月22日
米国防総省

米国防総省、露を批判 地対空ミサイルの供給は「無責任」

© AFP 2018 /
国際
短縮 URL
1315

米国防総省は、ロシアがシリアに対し地対空ミサイル「S300」を供給したことを受け、同国を「無責任」と批判した。

スプートニク日本

ショイグ露国防相は2日、プーチン大統領とのロシア安全保障会議の会合で、シリアに対し発射台4基などを含む49台の地対空ミサイル「S300」を供給したと発表した。露大統領府は同ミサイルの供給目的について、シリア駐屯の自国軍の防衛のために行うものと述べている。同国防相によると、同ミサイルシステムの運用訓練には3ヶ月を要する。

米国防総省は、「正直なところ、そのような防衛システムをシリア政府へ供給することは無責任だ」との声明を発した。

関連ニュース

シリアへのS300ミサイル供与はロシアによる情勢エスカレーション=米大統領補佐官

米国はS-300が米国の安全保障を損なっていると述べて狡猾に振舞っている=露外務省

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント