15:54 2018年12月14日
英外務省

反体制派ジャーナリストの失踪事件 英政府、制裁対象者リストの作成を開始

© AFP 2018 / Niklas Halle'n
国際
短縮 URL
243

英政府はサウジアラビアの反体制派ジャーナリスト・ジャマル・カショギ氏の失踪を受け、同国の役人を対象とした制裁リストの作成に着手したことを明らかにした。英紙「インディペンデント」が報じた。

スプートニク日本

インディペンデント紙によると、制裁対象者リストの作成は英外務省が担っている。同リストに載った者には、人権を侵害した人物への制裁や入国制限について定めた通称「マグニツキー法」に基づき制裁が科されることになる。

同紙はまた、制裁に関する最終的な決定は捜査結果によると報じた。英外務省は当該問題への言及を拒否している。

カショギ氏は2017年からワシントンポスト紙の政治評論家として米国内で勤務していた。同氏は10月2日、トルコ・イスタンブールで行方が分からなくなっている。同氏の婚約者によると、在イスタンブールのサウジ領事館職員が結婚手続きを理由に同氏を領事館に招待したものの、婚約者の方は施設に入ることを拒否された。5時間後、領事館職員は婚約者に対し、「カショギ氏はすでに立ち去った。これ以上待つ必要はない」と伝えた。

一方、サウジ当局はカショギ氏が行方不明になったのは領事館を去ってからのことだと主張。サウジ当局はカショギ氏の失踪の真相解明にトルコ当局と共同で取り組んでいることを明らかにした。トルコのエルドアン大統領は、サウジ当局はまず当該事件への不関与を証明する必要があるとの考えを示した。

関連ニュース

米国人60%、民間遺伝子データベースで「特定」可能=研究結果

米モデル、車を運転中に射殺される

アサンジ氏の弁護団、機密情報を公表したとしてエクアドル外相を裁判に訴える方針

タグ
サウジアラビア, 英国, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント