09:34 2018年11月18日
人工衛星

米、宇宙空間におけるレーザー兵器の開発で露を批判

© Fotolia / Vadimsadovski
国際
短縮 URL
1210

米国務省軍備管理・検証・順守局のイレーム・ポブリート次官補は、ロシアが宇宙空間においてレーザー兵器を開発したとして同国を批判した。英紙「デイリー・メール」が報じた。

スプートニク日本

ポブリート次官補は今年8月、「非常に不自然な動きをする」ロシアの謎の人工衛星について、「それが何なのか確証がなく、特定する方法もない」と述べ、懸念をあらわにしていた。

ポブリート次官補は今回、ロシアが米国の人工衛星を破壊する能力を有するレーザー兵器を宇宙空間に配備したとの声明を出した上で、「今回の出来事は米国にとり、ロシアの軍事行動が同国の外交的レトリックに一致していないことを証明するものの一つだ」と強調した。

ポブリート次官補はまた、米国が宇宙軍の創設を積極的に進めていることを明らかにしたものの、同国は宇宙空間における争いを望んでないとの考えを示した。

関連ニュース

国連事務総長が期待 露米は中距離核戦力全廃条約の解決策を見出す

露国防相が米国防長官と対面 拡大ASEAN国防相会議

NASA長官、露と協力の用意表明 月・火星・金星探査で

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント