20:10 2020年07月04日
国際
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (208)
112
でフォローする

水中写真家のヤツェク・ディボフスキーさんはエジプト沿岸の紅海で、身体にプラスチックの輪が食い込んだヨゴレザメを撮影した。

スプートニク日本

ヨゴレザメは数年前にこのトラップにかかったと見られる。サメが成長し、輪は身体にひどい傷を与えながら食い込むようになった。

​ディボフスキーさんはサメを解放しようと考えたが、あまりにも危険だと再考した。ディボフスキーさんは、哀れなサメを見るのは痛ましかったと語る。

関連ニュース

太平洋で秘密の「サメカフェ」見つかる

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (208)
タグ
自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント