19:33 2018年12月15日
仏パリのエッフェル塔

第1回パリ平和フォーラム 露加首脳が意見交換

© Sputnik / Irina Kalashnikova
国際
短縮 URL
0 30

フランスで開催中の第1回パリ平和フォーラムにウラジーミル・プーチン露大統領とカナダのジャスティン・トルドー首相が出席し、互いに意見を交わした。カナダの公共放送局「CBCニュース」が報じた。

スプートニク日本

CBCニュースによると、最前列に座っていたトルドー首相はフォーラム中、隣席に座っていたプーチン大統領と握手をした後、意見を交わした。

トルドー首相はプーチン大統領に対し、「2度の世界大戦では莫大な数のロシア国民が犠牲となった。そのため、ロシアがここ(平和フォーラム)に出席し、平和について話し合うのは大切なことだ」との考えを示した。

2018年11月11日は第一次世界大戦の終戦100周年に当たる。フランスでは11~13日の日程で第1回パリ平和フォーラムが開催されている。在日フランス大使館によると、同フォーラムの開催に合わせて、数多くの国家元首および政府の長、主要国際機関の代表者、市民社会アクターなど、数千人がフランスを訪問する。

関連ニュース

安倍首相、豪の戦没者慰霊へ 大戦でダーウィン空襲

トランプ氏、エルビス・プレスリーに大統領自由勲章を授与

タグ
ウラジーミル・プーチン, カナダ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント