10:00 2018年12月10日
S-400

CNBCテレビ:制裁の恐れがあるものの、少なくとも13カ国が露S-400に関心を示している

© Sputnik / Vitaliy Ankov
国際
短縮 URL
0 40

米CNBCテレビは、米情報機関のデータにアクセスできる人物の情報をもとに、米国の制裁を受ける恐れがあるにもかかわらず、少なくとも13カ国が、ロシアの地対空ミサイルシステムS-400「トリウームフ」の購入に関心を示していると報じた。

スプートニク日本

消息筋によると、サウジアラビア、カタール、アルジェリア、モロッコ、エジプト、ベトナム、イラクが、S-400の購入について協議した。一方、CNBCテレビは、外交圧力により、複数の国が購入案を放棄する可能性があると指摘している。

S-400は、戦略的爆撃機、弾道ミサイル、巡航ミサイルを含む空からのあらゆる現代的及び将来的な攻撃手段を破壊することを目的としており、地上の標的に対しても用いることが可能。

600キロ以内の標的を探知することができ、最大射程は400キロ、最高で高度35キロの標的を破壊できる。

  • ロシア製ミサイルシステムS-400
    ロシア製ミサイルシステムS-400
    © Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
  • ロシア製ミサイルシステムS-400
    ロシア製ミサイルシステムS-400
    © Sputnik / Dmitriy Vinogradov
  • ロシア製ミサイルシステムS-400
    ロシア製ミサイルシステムS-400
    © Sputnik / Grigoriy Sisoev
  • ロシア製ミサイルシステムS-400
    ロシア製ミサイルシステムS-400
    © Sputnik / Andrey Stanavov
  • ロシア製ミサイルシステムS-400
    ロシア製ミサイルシステムS-400
    © Sputnik / Alexander Vilf
1 / 5
© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア製ミサイルシステムS-400

関連ニュース

中国の戦闘機、露で酷評

ロシア 中国へ兵器供給 新契約を締結

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント