23:49 2020年10月20日
国際
短縮 URL
101
でフォローする

自宅が依然として、全世界の女性にとってもっとも危険な場所であり続けている。昨年、5万人の女性はパートナーや親族に殺害された。国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表した。

スプートニク日本

昨年殺された女性は計8万7千人。

親族やパートナーからの暴力による女性の犠牲者の全体の60%に及ぶ。

「殺人の犠牲者の大多数は男性だが、女性は、ジェンダー不平等と差別、否定的なステレオタイプの結果発生した極めて高い値を払い続けている。女性こそが、高い確率で親しいパートナーや家族の一員に殺され得る」とUNODCのフェドートフ事務局長は指摘した。

関連ニュース

国連、世界の麻薬生産がこれまでになく増加と発表

国連が提唱する、格差是正の重要な手段とは

タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント