19:41 2018年12月19日
キエフ当局(アーカイブ写真)

ウクライナ最高議会議員がポロシェンコ批判を展開 「大きな不幸だ」

© Sputnik /
国際
短縮 URL
0 280

ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)のエフゲニー・ムラエフ議員は自身のユーチューブチャンネルで、ウクライナのポロシェンコ大統領の印象悪化が他国との関係悪化を引き起こしており、それこそが同国にとっての「大きな不幸」との考えを示した。

スプートニク日本

ムラエフ議員は「ポロシェンコ大統領は軍事ブロックからも、そしてこれまでウクライナに誠実に対応してきた国々の指導者からも支持を得られていない。私が思うに、残念だがこの関係は崩壊しつつある。というのも、それら国々はわれわれウクライナといえばポロシェンコというように連想するのだ。これは大きな不幸だ」と述べた。

ムラエフ議員はまた、「黒海をめぐる紛争に関しては、われわれの船員が死亡するという悲惨な結末を迎える可能性があることも、もちろん理解している。さてここでわれわれの船員がどのような者たちに捉えられたかを分析すれば、これは(船員らにとり)片道切符であったことがわかる。船員が死亡すれば、ポロシェンコはおそらく最も幸せな人になるだろう。というのも、そうなることで戒厳令を2か月にわたり維持することができ、また対露制裁の延長をすることだって可能だからだ。まさにこれこそが彼の狙いと課題だったのだろう。幸い、思い通りにはいかなかったようだが」と述べた。

関連ニュース

ウクライナ安全保障庁がケルチ海峡での煽動を調整ー露連邦保安庁

ロシアは主権、安全保障の侵犯を厳しく遮断する 露外務省

ウクライナ、ロシアに対し「奪取した軍事的財産」の返却を求める

タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, ペトロ・ポロシェンコ, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント