17:45 2019年01月21日
国連総会

INF全廃条約維持求める決議案が否決 露は米国からの圧力を批判

© AP Photo / Frank Franklin II
国際
短縮 URL
141

国際総会は21日、中距離核戦力(INF)全廃条約維持についての決議案を否決した。決議案はロシアにより提案されたもので、賛成43カ国、反対46カ国、棄権78カ国の結果になった。

スプートニク日本

投票では米国、EU(欧州連合)、日本、トルコ、イスラエル、ウクライナ等の43カ国が反対し、中国、集団安全保障条約加盟諸国、イラン、シリア、ラテンアメリカ諸国等の46カ国が賛成した。また、その他78カ国が棄権した。

ロシアのドミトリー・ポリャンスキー氏は投票後、多数の各国代表者が「公正な投票ができなくて申し訳ない」と同氏に伝えていたことを明らかにしたうえで、圧力をもって投票を阻害したとして米国を批判した。

関連ニュース

INF崩壊に反対の日本 だが他の選択肢はあるのか?

露外務省 INF条約違反との米による非難は「根拠なし」

タグ
国連, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント