04:05 2019年03月22日
案内板

モスクワ地下鉄の古い案内板が飛ぶように売れている【写真】

© Sputnik / Evgeny Biyatov
国際
短縮 URL
0 20

モスクワ地下鉄の案内板が更新され、古い案内板は廃棄されずに売られ始めた。マニア垂涎の品物は飛ぶように売れ、すでに売上高は350個以上の案内板、金額にして200万ルーブル(約320万円)を超えている。

スプートニク日本

品物の大半はライトボックスだ。特に売れているのは「出口」「入り口」「深夜1時に通行止め」「左側通行」「行き止まり」と書かれた案内板や、駅と乗り換えのリストが書かれたもの。価格は下は1500ルーブルから上は1万ルーブルで、摩耗具合と歴史的価値で価格が変わる。

  • 案内板
    案内板
    © Sputnik / Evgeny Biyatov
  • 案内板
    案内板
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
  • 案内板
    案内板
    © Sputnik / Grigory Sysoev
  • 案内板
    案内板
    © Sputnik / Artem Zhitenev
  • 案内板
    案内板
    © Sputnik / Kirill Kallinikov
1 / 5
© Sputnik / Evgeny Biyatov
案内板

購入者はコレクターのほか、一風変わったインテリアを飾るバーやクラブ、カフェの経営者、そして地下鉄に関心を持つ人々だ。多くの人はこれらの案内板から故郷を連想する。案内板の下でデートの待ち合わせをした人もいれば、地下鉄で半生を過ごした人もいる。

欧米や中国からの観光客も熱心に案内板を購入している。これらは一部の駅ナカにある土産屋、インフォメーションセンターで販売されている。気に入った品物はモスクワ地下鉄のサイトから予約できる。

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント