22:36 2019年03月22日
着陸機のトラップを降下中の客室乗務員が乳児を取り落とす

着陸機のトラップを降下中の客室乗務員が乳児を取り落とす

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
国際
短縮 URL
0 02

ロシアのパベーダ航空機がスルグト空港に着陸後、乗客の下りるトラップから、ゆりかごに入っていた赤ちゃんが落下する事件がおきた。女児は病院に搬送された。パベーダ航空広報部が26日明らかにした。

スプートニク日本

パベーダ航空の代表は、「今回、マハチカラ発スルグト行きの航空機が着陸後、客席乗務員が女児を抱えてトラップを降下する最中に女児がゆりかごから落ちるという不幸な事件が起き、我々は心から遺憾の念を禁じえません」と話している。

会社の代表によれば、パベーダ航空は現在、事件の捜査を行っている。

パベーダ航空側は「現在、分かっているのは客室乗務員はお客様を助けたい一心だったことのみで、赤ちゃんの治療に関する費用はすべて当社が補償します」と語っている。

捜査委員会ウラル支部は女児の怪我の事実について調査を開始した。これより前に地元マスコミの報道によれば、女児は落下後に搬送された病院で頭蓋骨骨折が確認されている。

関連ニュース

大手エアライン機内で不審なカメラが見つかる

障害を抱える子供2人の母親が、飛行機で11席の購入を余儀なくされる=調査開始

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント