10:56 2019年06月18日
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルのメンバー。日本での死刑に反対するデモで

2018年、死刑執行数の最低記録を更新

© AFP 2019 / Yoshikazu Tsuno
国際
短縮 URL
151

アムネスティ・インターナショナルの報告によると、昨年中に世界で執行された死刑の数はその前年と比べて31パーセントも減少、2018年の死刑執行数は最近の十年で過去最低だったことが分かった。

スプートニク日本

同団体のデータによれば、昨年中に世界で執行された死刑の数は少なくとも690件で、2017年のデータは確認できた限りで見ると993件だったことから、死刑執行数は3分の1ほど減少したがわかる。

「世界で死刑執行数が急激に減少したことから、死刑制度の廃止が期待できないような国々においても転換の兆しがあり、死刑制度は何ら解決をもたらさないという認識が共有されてきたことの証左といえる」、とアムネスティ・インターナショナルのクミ・ナイドゥ事務総長は語った。

ただし、報告書の作成者によれば、中国のデータはこの調査に反映されていない、とのことだ。また、イランでの死刑執行数は50パーセントまで減少し、イラクやパキスタン、ソマリアなどの国々でも死刑執行数は「大幅に減少」した、と報告されている。

一方、同団体のデータによれば、ベラルーシ、日本、シンガポール、南スーダン、アメリカでは死刑執行数が上昇したと報告されている。

関連ニュース

ブルネイ 同性愛セックスと姦通には石打ちによる死刑に

トランプ大統領 カリフォルニア州の死刑廃止の意向を断固批判

タグ
日本の死刑制度
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント