03:24 2019年12月15日

どこよりも生きにくい 世界の極限都市のトップにロシアのあの町が

© Sputnik / Bolot Bochkarev
国際
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (181)
0 30
でフォローする

スペインの「エル・パイス」紙が世界で最も生活や観光がしにくい極限都市ランキングを発表した。

スプートニク日本

世界の極限都市ランキング1位にはロシアのヤクーツクとオイミャコンが同時に入った。ランキング制作者らは、ヤクーツクは冬の気温が舞いなる40度、夏は29度に達することから極限の気候条件を持つと説明している。

ヤクーツクと並んで極限都市に入ったオイミャコンは同じくサハ(ヤクート)共和国に属し、人間が住む場所としては最低気温のマイナス71.2度が1926年に観測されている。

逆に一番気温が高いのはメキシコのサン・ルイス・リオ・コロラド市で大気温は59.5度にまで達した記録がある。

また最も到達しにくい街には海抜5099メートルに位置するペルーのラ・リンコナダが選ばれた。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (181)
タグ
シベリア, 番付・ランキング, 環境, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント