04:28 2019年11月20日
WHO、性同一性障害を「精神障害」から除外

WHO、性同一性障害を「精神障害」から除外

© Depositphotos / Brill
国際
短縮 URL
141
でフォローする

世界保健機関(WHO)は25日、改訂版「国際疾病分類(ICD)」の「精神障害」の分類から性同一性障害(GID、トランスジェンダー)を除外することを決定した。英BBC放送(ロシア語版)が伝えた。

スプートニク日本

現行版の国際疾病分類(ICD-10)で、性同一性障害は「精神障害」に分類されているが、改訂版(ICD-11)では「性保健健康」に関連づけられ、また名称が「性別不合」に変更された。

WHOで性と生殖に関する健康の専門家を務めているレイル・セイ博士は「性同一性障害が精神障害の分類から除外されたのは、それが精神的健康状態の問題ではないとのより良い理解が、我々の間でなされるようになったからだ。性同一性障害が精神障害の分類に残されていた間は、そのことが社会的な烙印を助長していた」と話している。

改訂版の国際疾病分類は、2022年1月1日に発効する。この改訂版には25日、ゲーム依存症が「ゲーム障害」という疾病として新たに加えられている。

関連ニュース

オンラインゲーム依存症と性的強迫性障害 WHO疾病分類に採択へ

タグ
WHO, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント