00:32 2019年10月17日
シリア【アーカイブ写真)

イドリブでテロリストが化学兵器を使った挑発行為を準備=露外務省

© AP Photo /
国際
短縮 URL
0 53
でフォローする

ロシアは、シリア北西部イドリブでテロリストが化学兵器を使った挑発行為を準備して情勢悪化を試みつづけている状況を懸念している。ロシア外務省のザハロワ報道官がブリーフィングで発表した。

スプートニク日本

報道官は「特に懸念を呼んでいるのは、テロリストが化学兵器を使った挑発行為を準備してイドリブ情勢の悪化を試み続けていることだ」と語った。

ザハロワ氏によると、テロリストらのこの計画は特に、シリア軍が同国北部ハマの居住区で「ホワイトヘルメット」の「偽の人道支援家たち」の野戦病院を見つけたことによって証明されている。

ザハロワ氏は「施設の調査でガスマスク、特別な衣服、医薬品、医療機器などを含む大量の化学防護具が発見された。我々は国際社会に対し、私たちが何度も警告してきたテロリストによる化学兵器を使用した新たな演出の可能性にできる限り真剣に対応するよう呼びかける」と強調した。

​関連ニュース

タグ
シリア, 武器・兵器, ロシア, テロ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント