18:04 2019年09月22日
エクアドル

エクアドル、米軍にガラパゴス諸島の空港使用を許可

© Flickr/ golo
国際
短縮 URL
0 12
でフォローする

エクアドル政府は、同国ガラパゴス諸島にあるサンクリストバル空港を米軍が作戦のために使用することを許可した。テレビ局Telesurが、ハリン国防相の発言を引用して報じた。

スプートニク日本

ハリン氏によると、米軍用機は、エクアドルのモレノ政権が署名した「麻薬密売対策」のための「協力」協定に基づいてガラパゴスへのアクセスを得ることになる。

2018年9月、米税関・国境警備局の哨戒機ロッキードP-3オリオンが、エクアドルから飛ぶようになった。そしてこの度、米空軍のボーイング707型機も、太平洋を「パトロール」することになる。

このような「協力」の技術的詳細にもかかわらず、エクアドル領内における外国軍のあらゆるプレゼンスは憲法に違反している。2008年憲法第5条によると、エクアドルはそれ自体が平和的な領土であり、そこに「外国の軍事基地あるいは軍事目的のための外国の施設をつくることは許されない。また国の軍事基地を外国の軍隊や治安部隊に移管することは禁じられている」。

関連ニュース

タグ
飛行機, 軍事, 米国, エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント