03:17 2019年07月22日
大阪G20プレスセンター 記者にも環境にも優しい配慮が満載

大阪G20プレスセンター 記者にも環境にも優しい配慮が満載

© AP Photo / Eugene Hoshiko
国際
短縮 URL
G20大阪サミット (55)
0 32

27日にG20の開幕した大阪の国際プレスセンターは記者らの作業の場を超えて、G20議長国を務める日本が世界海洋の汚染にどう取り組むか、そのアイデアをビジュアルに示す空間となった。日本の掲げたイニシアチブはプレスセンターでも具現化されており、使い捨てのプラスチック容器は一切使用されていない。

スプートニク日本

プレスセンターがジャーナリストらに提案するのは、自ら環境保全に責任あるアプローチを示すこと。このコンセプトに基づき、記者らの使用するカフェで用いられているのは普通の什器か、リサイクルペーパーからできた使い捨て容器で、ナイフやフォークも金属または木製となっている。飲み物はプラスチックのボトルではなく、金属製かガラス容器で、総菜やクッキーなどもポリエチレン袋ではなく紙袋などで包装されており、それらを捨てるゴミ箱もちゃんと分別リサイクルできる仕組みだ。

プレス用のお土産グッズにも環境への優しい姿勢がアピールされた。大阪G20の記念マグカップはリサイクルプラスチック製で、片面にはG20のロゴが、裏面には汚染された海で泣いているカメが描かれた。そしてこれらのお土産を持ち帰るためのパッケージも環境に悪いビニール袋ではなくリサイクルペーパーの紙袋。

関連ニュース

トピック
G20大阪サミット (55)
タグ
G20, 自然, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント