00:53 2019年12月13日
トランプ氏

米、新たな対中関税見送りに同意

© REUTERS / Kevin Lamarque
国際
短縮 URL
0 40
でフォローする

中国国営の新華社通信は、米中首脳会談で米国側が新たな対中関税発動を見送る用意があると伝えたと報じた。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催中の大阪で首脳会談を行った。会談は80分続いた。

新華社通信は「米国側は、中国製品への新たな追加関税をこれ以上課さないと述べた。2国の貿易代表団は今後、より具体的な問題を協議していく」と報じた。

米国は10日、2000億ドル分の中国製品に対する関税を10%から25%に引き上げた。この関税引き上げは当初1月1日に予定されていたが、繰り返し延期されていた。

トランプ大統領は以前、訪問先のアイルランドで、少なくとも新たに3000億ドル相当の中国製品に追加関税を課す可能性があるとし、「適切な時期に行う」と述べていた

関連ニュース

タグ
G20, 制裁, 経済, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント