17:37 2020年08月15日
国際
短縮 URL
265
でフォローする

米国の国務省は8日、台湾への武器売却計画を承認した。この計画により、22億ドル相当の戦車やスティンガーミサイルなどが売却される可能性がある。

台湾は米国にM1A2Tエイブラムス戦車108両、M88A1装甲回収車88両、牽引トラクター16両、機関銃300丁に加え、スティンガーミサイル250基の売却を要請している。

米国側は台湾への武器売却によって周辺地域の軍事的バランスが変わることはないと説明した。

一方、中国外務省は台湾情勢を米国との関係において最もデリケートな問題としており、米国による台湾への武器売却に対し懸念を示している。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, 中国, 台湾, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント