10:02 2020年07月12日
国際
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米総務省は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との交渉を担当するスティーブン・ビーガン特別代表が19日から22日にかけて日本と韓国を訪問し、北朝鮮の非核化に向けて意見を交わすことを明らかにした。

ビーガン特別代表は19日から2日間の日程で日本を訪問したあと、20日から22日にかけて韓国を訪れる。滞在中は日韓の政府関係者と会談し、北朝鮮の完全な非核化に向け意見を交わす予定。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はトランプ大統領に送った書簡の中で、8月20日まで予定されている米韓合同軍事演習が終了すれば、ミサイルの発射をやめ、非核化協議に応じる考えを示している。

関連ニュース

タグ
ドナルド・トランプ, 金正恩, 韓国, 日本, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント