01:43 2019年11月23日
プーチン大統領とトランプ米大統領

トランプ大統領 ロシアのG7復帰を歓迎

© Sputnik / Илья Питалев
国際
短縮 URL
0 31
でフォローする

トランプ大統領は20日、ロシアを再び主要7カ国(G7)に組み入れ、G8の姿に戻すことが適切との考えを示した。

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し、プーチン大統領に「まんまと一杯食わされた」オバマ前大統領がロシアをG8から除外することを望んでいたとし、「私はロシアを組み入れることが適切だと考えている」と発言した。

また、プーチン大統領はこれまでにフランスのマクロン大統領と会談した際、G7の国々と連携をとることは有益であるとして、G7復帰に前向きな姿勢を示していた。

19日に予定されていたマクロン大統領との会談を前に、G7への復帰をフランスと議論するか、とロシアの記者団が質問したのに対し、プーチン大統領は「復帰そのものが目的ではない」と答えていた。

ロシアはクリミア併合を受け2014年にG8から除外された。

関連ニュース

タグ
G7, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント