02:57 2020年12月01日
国際
短縮 URL
0 81
でフォローする

ロシア、イラン、トルコの外相はジュネーブで予定されているシリア憲法委員会の初会合に向けて協調する方針を確認した。

ニューヨークで開催中の国連総会に合わせ、「アスタナ・フォーマット」の保証国であるロシア、イラン、トルコが外相会談を開催した。会談で関係国はシリア憲法委員会の初会合に向けて協調する方針を確認した。

加えて、外相らはシリア側の関係者や、ゲイル・ペダーセン国連シリア担当特使と協調して憲法委員会の開催を支援するとした。


内戦が続くシリアをめぐり国連は9月23日、政治的解決を目指すための憲法委員会を設置したことを明らかにした。憲法委員会は,2018年1月のシリア国民対話会議で設置が合意された後,国連の仲介の下,シリア政府及びシリア交渉委員会(反体制派)や関係国の間で設立に向けた交渉が行われていた。憲法委員会の活動を通じてたシリア政治情勢の進展が期待される。

関連ニュース

タグ
トルコ, イラン, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント