06:36 2019年11月18日
ロシア外務省

米国のビザ発給拒否問題「同様の対応は不可能」=露外務副大臣

© Sputnik / Natalia Seliverstova
国際
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国政府がニューヨークで9月末に開催された国連総会に出席するロシア代表団の一部に対しビザを発給しなかったことの報復として、ロシア側は同様の対応を米国に対して行わないものの、米国人によるビザ申請の際は発給審査の基準を引き上げる形となった。ロシア外務省のヴェルシーニン副大臣が「イズベスチヤ」紙の取材で明らかにした。

先にリャブコフ外務次官は米国側に対し、同様の対応も検討すると発言した。リャブコフ外務次官によれば、この「ビザ戦争」はロシアでなく、米国が仕掛けたものであり、「同様の報復も検討している」とした。

この点について、ヴェルシーニン外務副大臣は露紙「イズベスチヤ」の取材に応じた中で、同じ報復は難しいとの見解を示した。ロシアでは米国ビザの発給拒否について報復を求める声が上がっており、「いずれにせよ反発や報復は行うべき」とした。しかし、今回、米国側が発給しなかったのは国連総会に出席するために必要な「国連用」の入国ビザであり、二国間関係で必要とされるビザではない。そのため、国連本部がニューヨークにある以上、「同様の対応は行えない」との見解をヴェルシーニン外務副大臣は示した。

ただし、米国人がロシア入国ビザを申請する際は、発給審査の基準をより厳密にする意向を示した。

関連ニュース

タグ
国連, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント