08:22 2020年01月22日
国際
短縮 URL
116
でフォローする

ウクライナ政府のドミトロ・クレバ副首相(欧州大西洋統合政策担当)は「第5チャンネル」の番組に出演し、5年後の欧州連合(EU)加盟を目指していることを明らかにした。

「第5チャンネル」の番組に出演したウクライナのクレバ副首相は「EU加盟に必要な経済基準を5年以内にクリアすることを政府として決定した」と発言した。

続けてクレバ副首相はEU側の対応についてコメントする中で、5年後にはEU側の受け入れ態勢が整わない可能性もある、と指摘した。ウクライナとEU、両サイドの意思と環境が整わない限り、加盟とはならないと結論付けた。


ウクライナ議会は2019年2月に憲法改正を行い、EUとNATOへの加盟を方針として定めた。さらに、ヨハネス・ハーン欧州近隣政策・拡大交渉担当委員はこれまでの発言の中で、ウクライナをEU加盟国の一つとして語るには次期尚早としており、ウクライナは加盟に向けた環境整備に集中する必要があるとした。

関連ニュース

タグ
欧州連合, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント