04:26 2020年01月24日
国際
短縮 URL
0 100
でフォローする

ロシアの大手航空会社「アエロフロート」は、2020年6月1日よりモスクワから大阪への定期直行便の運行を開始する。同社のプレスサービスが発表した。

現在、モスクワ-大阪間の直行便はなく、アエロフロートのモスクワ発のフライトは東京便だけ。

発表では、「アエロフロートは、日本の第3の大都市である大阪への定期直行便のチケット販売を開始した。フライトは2020年6月1日からスタートする」と強調された。

運行スケジュールは次のように予定される。モスクワ-大阪便(SU0268)は毎週月曜日と火曜日、木曜日、土曜日の運行となり、出発は19時05分、到着は現地時間11時05分となる。大阪-モスクワ便(SU0269)は毎週火曜日と水曜日、金曜日、日曜日の運行となり、出発は12時45分、到着は16時45分となる。

以前、日本の航空会社「全日空」が新たにウラジオストク-東京便の運行を開始したことが報じられた。

関連記事

タグ
飛行機, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント