09:36 2020年10月20日
国際
短縮 URL
0 05
でフォローする

弁護士のエイター・マルティネス氏はRIAノーボスチ通信のインタビューに応じ、ウィキリークス創始者のジュリアン・アサンジの米国引き渡しに関する定例審理は2020年2月25日だと語った。

マルティネス弁護士によると、12月19日に英国ウエストミンスター裁判所で行われる審理は「書類を提出する簡易手続き」として行われ、アサンジ氏は欠席するという。

「その後、2020年2月25日に行われる審理で、アサンジ氏を米国に引き渡すかどうかの判決がくだされる」と弁護士は語った。

マルティネス弁護士は、弁護側はアサンジ氏の米国引き渡し請求は取り下げられることを期待していると加えた。

また弁護士によると、アサンジ氏は12月20日にビデオ会議の形で、ロンドンのエクアドル大使館で警備会社が行ったとされる米国諜報活動の被害側として、スペイン裁判の証言を行うという。

米国でアサンジ氏を脅かすものは?

米当局は5月末、スパイ活動法違反と機密情報の暴露に関して、新たに17件の罪で起訴したと明らかにした。これまで、被告はコンピュータハッキングを目的にした共謀の1件で起訴されていた。米国に引き渡された場合、被告は何年にもわたる禁錮の判決が言い渡される可能性がある。

タグ
ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント