23:46 2020年09月26日
国際
短縮 URL
日産ゴーン事件 (72)
0 16
でフォローする

中東レバノンに逃亡した日産自動車の元会長カルロス・ゴーン氏の妻キャロルさんに対して、日本の捜査当局がICPO(国際刑事警察機構、インターポール)に国際手配を要請したことが明らかになった。NHKニュースが伝えている。

日産自動車の元会長カルロス・ゴーン氏(65歳)は海外渡航禁止にもかかわらず昨年末に中東レバノンに逃亡。その妻キャロル・ナハスさん(53歳)にはゴーン氏の特別背任事件に関する裁判所の証人尋問で偽の証言をしたとして、今7日に偽証の疑いで逮捕状が出ていた。

東京検察庁は警察庁を通じてキャロル氏についてICPO(国際刑事警察機構)に国際手配を要請したという。東京地検はキャロル氏が事件関係者と口裏合わせをしたり多額の口止め料を支払うなどして証拠隠滅を図ったと主張、国際手配によって海外での動きを制限する狙いがあるとみられている。

関連ニュース

トピック
日産ゴーン事件 (72)
タグ
カルロス・ゴーン, 日産
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント