03:44 2020年01月28日
国際
短縮 URL
0 23
でフォローする

14日、毎日新聞は日露外交筋の話として、ロシアが平和条約締結の前提条件となる文書の作成を日本側に求めていると報じた。この文書は、将来的に在日米軍がロシアの脅威とならないよう、日本に確約させるものではないかと記事は憶測している。またこの記事では、INF全廃条約の破棄など露米関係の悪化に伴い、ロシアの対日姿勢も硬化していると指摘されている。

当該記事では、ロシア側の、領土の引渡しを盛り込まない平和条約を締結した上で、国境を画定するという二段階の解決案に対し日本が「時間稼ぎにすぎない」と不信感を示していると報じられている。

プーチン大統領は昨年12月19日に行われた恒例の大型記者会見で、沖縄の米軍基地を例に挙げ「誰も賛成していないのに、物事は進む」と述べ、日本では民意に反して在日米軍の威力が強化・発展していると指摘していた。

関連記事

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント