02:54 2020年08月14日
国際
短縮 URL
0 47
でフォローする

トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの和平案を発表し、イスラエルはパレスチナと共に「平和への大きな一歩」を踏み出し、この和平案を具現化すると述べた。

トランプ大統領はイスラエルとパレスチナの和平案を発表し「同案では、エルサレムは分割することのできない首都であり続ける。これは非常に重要だ」と述べた。

トランプ氏はホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相が同席する中、和平案について発表し「本日、イスラエルは平和に向けて大きな一歩を踏み出す」と述べた。

トランプ氏によると、取引に合意した場合、パレスチナはその領土を倍にすることができる。

またトランプ氏によると、ネタニヤフ首相は「世紀の取引」の条件にすでに同意した。

トランプ氏は、パレスチナ人は「より良い生活に値する」が「テロ活動の罠」にはまったと述べた。

​トランプ氏によると、中東和平案は80ページからなる。同氏は、これはこの問題に関する最も詳細な文書だと指摘した。

関連記事

タグ
パレスチナ, イスラエル, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント