05:41 2020年05月31日
国際
短縮 URL
1210
でフォローする

米国のベネズエラ担当特使、エリオット・エイブラムス氏は記者団に、ベネズエラのマドゥロ大統領への支持について、ロシアではマドゥロ氏への支持が処罰を受けないことが「まもなくわかるだろう」と述べた。

エイブラムス氏は「数人の政権関係者が指摘したように、ロシア人はまもなくマドゥロ氏に対する彼らの継続的な支持がもはや無料ではなくなること知ることになるだろう。マドゥロ氏から利益を受け続けたり、あるいは同氏を支持し続ける他の人々は注意する必要がある。より全体的な面で、今後数週間の間にベネズエラに対する我々の意向の真剣さを示す措置が明らかになる」と述べた。

先に、ロバート・オブライエン米国家安全保障担当大統領補佐官は、ベネズエラに対するその方針を変更しなければ、米国は近いうちにロシア国営石油大手「ロスネフチ」に対する措置を講じる用意があると発表した。

エイブラムス氏は、これが「ロスネフチ」に対する制裁発動に関することなのかどうか詳細は明らかにしなかったが、米国当局者は先にベネズエラにおけるロスネフチの「役割拡大」に気付いたと指摘した。 

トランプ米大統領は4日、一般教書演説の中で、マドゥロ大統領を念頭に置き、ベネズエラの「専制政治をつぶす」と発言した。

タグ
露米関係, ロシア, 米国, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント