06:25 2020年02月19日
国際
短縮 URL
0 19
でフォローする

トランプ米大統領は、ロシア及び中国との軍備管理条約が締結されるまで、米国は世界「最強の」核部隊をつくると述べた。

トランプ氏は知事らとの会合で「現在、ロシアと中国は同時に、核兵器への数十億ドルもの無分別な浪費を止めるために、我々との協議を望んでいる。しかし、この条約が締結されるまで、私ができる唯一のことは、世界最強の核部隊をつくることだ」と述べた。

米露の新戦略兵器削減条約(新START)は、2021年2月に失効するが、米国は延長するのかどうかの意向を今のところ表していない。

ロシアのプーチン大統領は12月、記者会見で、ロシアは年末までに新STARTを延長する用意があると述べた。一方、プーチン氏は「だが今のところ、我々の提案に対する答えは全くない。新STARTがなくなれば、世界には軍拡競争を阻止するものが何もなくなる。これは悪いことだと思う」と指摘した。

関連記事

タグ
核問題, 核兵器, 米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント