21:51 2020年07月07日
国際
短縮 URL
0 34
でフォローする

イラクに駐留する米軍は首都バグダッド近郊のタジ基地に対するロケット攻撃への報復として、イラク民兵組織の拠点に精密爆撃を加え、武装勢力が保有する5つの武器庫を破壊した。米国防総省が発表した。

イラクの駐留米軍は11日、3人の死者を出したタジ基地へのロケット攻撃に対する報復攻撃をしたばかり。今回の空爆では武器庫が標的となった。国防総省によれば、これらの武器庫にはタジ基地攻撃の際に使用された兵器が保管されている模様。

​国防総省のマーク・エスパー長官は声明を発表し、「米国は自国民、そして我が国と同盟国の利益に対して加えられる攻撃を看過しない」として、イラク民兵組織への攻勢を強める姿勢を示した。

© Sputnik / Department of the information support of the Baltic region

イラクでは11日夜(日本時間で12日未明)、首都バグダッド近郊のタジ基地がロケット攻撃を受けた。タジ基地には米軍主導の有志連合軍が駐留しており、過激派組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の掃討作戦を行っている。タジ基地には少なくとも15発のロケットが命中した模様。

​ロイター通信によれば、この攻撃により米兵2人と英兵1人が死亡したほか、12人の兵士が負傷した。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 米国, イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント