01:56 2020年11月24日
国際
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (241)
0 05
でフォローする

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の調べで、2019年の世界の軍事支出は前年比3.6%増の1兆9170億ドル(約205兆5830億円)になった。軍事費トップリストには米国、ロシア、サウジアラビアが入り、アジアでは中国とインドが初登場した。また、伸び率が最大となったのはドイツ。

SIPRIは、平和と紛争、特に軍備管理と軍縮に関する研究を行うための独立した国際機関。

露国防相
© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
2019年の主要国の軍事支出動向報告書によると、米国、中国、インド、ロシア、サウジアラビアの上位5カ国の軍事費は全体の62%を占めている。この5カ国にフランス、ドイツ、イギリス、日本、韓国が続いている。

2019年の世界の軍事支出は世界のGDPの2.2%を占めた。報告書によると、世界最大の米国の軍事費はさらに増加した。

米国の軍事費は、前年比5.3%増の7320億ドル(約78兆5000億円)。これは世界全体の38%を占めている。米国の1年間の増加分は、ドイツの年間軍事費に相当する。

アジア勢が世界のトップ5に入るのは初めて。アジアのランキングでは中国とインドがトップ。また世界ランキングでは中国が2位、インドが3位。中国は前年比5.1%増の2610億ドル(約27兆9900億円)。インドは同6.8%増の711億ドル(約7兆6200億円)。

世界最強国ランキングが発表
© Sputnik / Sergey Kompanichenko
中国の軍事費の過去10年間の伸びは最大数値を記録し、85%となった。

ロシアは世界第4位で、前年比4.5%増の651億ドル(約6兆9800億円)。前年の軍事費ランキングと比較すると、ロシアは6位から4位へと順位を2つ上げた。

欧州でトップの伸び率となったのはドイツ。2019年の軍事費は前年比10%増の493億ドル(約5兆2900億円)。ドイツは上位15カ国のうち過去1年間の伸び率が最も高い。SIPRIはNATO加盟国が2019年、1兆300億ドル(約110兆4600億円)の軍事費を支出したことも指摘している。

SIPRIが1月に発表した報告書によると、中国は米国に次ぐ世界第2位の武器製造国となった。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (241)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント